HTTPS化できない?常時SSL化で、まさかのプラグインでつまずいた

よければシェアお願いします(。・・。)

キーボードと鍵の写真

ずっとやらなきゃと思ってやっていなかった、常時SSL化(HTTPS化)。

やってみたら思っていたより作業がサクサク進んで、「簡単だぁー!」なんて思っていたら・・・

はい!つまずきました。

あるプラグインが原因で、いつまでも「保護された通信」にならない。もうホント解決したときはうれしかったのなんの。

たぶん、同じ理由でつまずく人はいないと思うけど、今回のことまとめておきます。

スポンサーリンク

常時SSL化をするときにお世話になった記事

常時SSL化作業のときに出たメッセージ

SSL化のやり方は、Simplicityを作られた、わいひらさんの記事とNaifixのエローラさんの記事のおかげで迷うことなく出来ました!

参考にさせてもらった記事▼

XSERVERで常時SSLが無料なので、WordpressサイトをHTTPS化したときに行った全ての手順をまとめてみました。
WordPressブログ運営にもおすすめのエックスサーバー全プランで独自SSLが無料・無制限で使えるようになりました。実際に運営中のサイトをHTTPS化してみたので、サーバーとWordPressの設定と移行手順、注意点をご紹介します。

本当にサクサク作業がすすんでいきました。エックスサーバー使っててよかったぁー!

どうしてもSSL化できない

記事の通りに進んでいき、「http:」になっていた部分を「https:」に置換する作業を行って、出来ているはずなのに…

でも、どうしても最終チェックで「保護された通信」にならない!!

ずっとこんな感じ▼

「保護されていない通信」と書かれたメッセージ

サイドバーウィジェットで使っている画像URLは、わいひらさんやエローラさんが紹介されているプラグイン「Search Regex」では置換できなかったので、直接書き換えました。

管理人(べるだ)のアイコン
べるだ

もう・・・ムリっ。
ギブっ・・・・

って諦めかけていたときに、Chromeのデベロッパーツールでチェックして、ようやく気づきましたっ!

つまずいた原因はコイツ!!

この記事で紹介したプラグイン「Fancier Author Box」を入れたときにやっていたことが原因でした▼

プロフィールを簡単表示できるプラグイン!Fancier Author BoxとSimple author boxを使い比べてみた
こんにちは。洋楽を聴きながらノリノリで記事を書いている、べるだ(@verdad0619)です(笑) 相変わらず時間が出来ると記事更新で...

「Fancier Author Box」はこんな風にプロフィールを表示できるプラグイン。
Fancier Author Box

このプロフィール画像なつかしい♪

じゃなくて、このプロフィール画像がHTTPS化できなかった原因に大きく関わってきます!

もう!!ほんと存在忘れてたよ。

忘れがちなプロフィール画像

記事中では紹介していないんですが、「Fancier Author Box」を使うときにもう一つ「Basic User Avatars」というプラグインをセットで入れたんです!

「Fancier Author Box」のプロフィール紹介文や写真は、[ダッシュボード]>[ユーザー]>[あなたのプロフィール]から設定できるんですが・・・

プロフィール設定画面

このときのプロフィール写真設定で、Gravatarを使わず「Basic User Avatars」で写真登録していました。

Gravetarの画像

「Basic User Avatars」を使うと、通常はない「Avatar」という項目プロフィール編集画面に追加されます。

なので、「ファイルを選択」でプロフィール画像にしたい画像を選んであげれば簡単にプロフィール写真の変更ができちゃいます▼

「Basic User Avatars」の操作画面

そう!ここで設定していた画像URLが「http:」のままだったから、SSL化できなかったんです!

管理人(べるだ)のアイコン
べるだ

ここかぁー

画像を再度アップロードし直して無事完了!

SSL化できましたっ!

まとめ

ブログ本文ばっかりに目がいっていたので、まさかダッシュボードの設定のところに原因があるとは思いませんでした。

プラグインの管理って大事だなぁー。自分でやったことはちゃんと覚えとかないといけませんね・・・

とりあえずHTTPS化できてよかった!

ではでは、べるだ(@verdad0619)でしたー!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを