【wordpress】パーマリンクを途中で変更!変更方法とプラグインを紹介

よければシェアお願いします(。・・。)

雨に濡れたチェーンの画像(リンクイメージ)
WordPressでの初期設定で大切なものとして「パーマリンク」があります。

途中で変更するとよくないと言われる「パーマリンク

でも、今回迷いに迷った末に変更することにしました!なぜ途中で変更しようと思ったのかと変更方法をまとめておきます。

これからブログ始める人は、わたしみたいに後から変更しなくていいように最初に決めてくださいね!

スポンサーリンク

パーマリンクを変更しない方がいいのはなぜ?

パーマリンクの説明

「パーマリンク」をなぜ途中で変更しないほうがいいかというと、パーマリンクには恒久的という意味があるから。

ブログの個々の投稿、カテゴリなどの投稿一覧ページへの恒久的(半永久的)な URL です。

引用元:パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

だから、基本一度決めたら変えないほうがいいです。

詳しくは、いつもお世話になってるNaifixで▼

ブログ初心者でもアクセス数を増やし、稼げるブログにするための書き方を解説します。読者目線で記事を作成し、タイトルや見出しにキーワードを使うなどSEO施策も考えて、探しやすく読みやすいブログ作りの基本をマスターしましょう。

1.8にパーマリンクについての説明が書いてあります。
わたしもブログはじめたときに読んでればなぁー(;_;)

パーマリンクを途中で変更すると起きるデメリット

    1. SNSシェアカウントがリセットされる
    2. 検索順位がリセットされる
    3. リダイレクト設定が大変

もうほんとデメリットだらけです。

SNSシェアカウントがリセットされる

SNSアイコンのシェア数画像

ツイッターもはてなブックマークも全て0になりました。

このブログの記事もいろいろな方にSNSでシェアしていただきました。それなのに、リセットされる形になってしまい申し訳ないです。

ごめんなさいっ!m(_ _)m

常時SSL化のときは引き継げたのに・・・

検索順位がリセットされる

シェア数だけでなく、GoogleやYahoo!の検索順位もリセットされます。

ほとんどの記事はそんなに影響ないですが、ある記事は検索上位だったので確実にアクセスは減ると思います。

リダイレクト設定が大変

これはプラグインを使うことで、比較的簡単にできたんですが問題が起こっていないかドキドキです。

プラグインはPermalink Redirectというものを使いました。このプラグインの使い方については後ほど。

こんなにデメリットあるのに、なぜパーマリンクを変更したの?

それは、カテゴリーの変更が簡単にできないから!!!

わたしは、パーマリンクの設定を下記のようにしていました。

/%category%/%postname%

「%category%」はカテゴリー
「%postname%」は記事タイトルのことです。

そう。ここに「%category%」を入れていたので、記事のカテゴリーを変えてしまうと記事のURLが毎回変わってしまうんです。

このブログは雑記ブログ。
カテゴリーの整理は必須です。

これからブログを続けていくときに絶対カテゴリーの整理は必要。今でもカテゴリの整理をしないと分かりづらいなと感じていたぐらいです。

なので、今回デメリットがあってもパーマリンクの変更に踏み切りました!!

変更後のパーマリンク設定

%postname%

変更後のパーマリンクは「%postname%」だけにしました。これなら、カテゴリーを変えてもURLは変わりません。

ピョコボのアイコン
ピョコボ

最初からこうしとけばよかったのに!

管理人(べるだ)のアイコン
べるだ

言わないで・・・

リダイレクト用のプラグイン「Permalink Redirect」

パーマリンクの設定を変更すると、元のURLのページはなくなってしまいます。

なので、元のURLページにアクセスがあったら、新しい記事URLに飛ばしてくれるように設定しないといけません。でないと、404ページのオンパレードとなります・・・

リダイレクトという方法ですね。
リダイレクトは「Permalink Redirect」というプラグインで行いました。

こちらの記事を参考に設定しました▼

この前パーマリンクを変更しました。うまくリダイレクトされなくてその日1番アクセスされたページが404ページという大ボケをかましてしまいました。 今日はパーマリンク変更の方法とハマったポイントをお伝えしたいと思います。

「Permalink Redirect」の設定方法

まず、下記のサイトからプラグインをダウンロードします。
リンクPermalink Redirect WordPress Plugin

プラグイン検索からプラグインを追加しないでください!同じ名前ですが、全く違うプラグインらしいです。

Permalink Redirectダウンロード画面

ちょっと分かりにくいですが、ダウンロードは上記の四角で囲った部分から。

PHP版とZIP版があります。
わたしは参考にさせてもらったサイト「AT HOME GEEK」と同じZIP版にしました。

次に、ダウンロードしたファイルから「ylsy_permalink_redirect.php」をテキストエディタで開きます。

そこから検索などで、「302」という数字を探してください。
冒頭のコメント(「/*」と「*/」で囲まれたところ)を合わせると3件ヒットすると思います。

その「302」という数字を「301」に書き換えてください。

「302」という数字は一時的なリダイレクトという意味だそうです。
これからずっとリダイレクトして欲しいので、「301」に書き換えます。

保存が完了したら、保存したPHPファイルをFTPなどでサーバーにアップします。

アップロード方法

わたしはエックスサーバーを使っているので、エックスサーバーのファイルマネージャーを使ってアップロードしました。

「plugins」のところに、ファイル「ylsy_permalink_redirect.php」をアップロードします。

「サイト名」>「public_html」>「wp-content」>「plugins」

エックスサーバーファイルアップロード

ダウンロードしたときに、同じファイルにテキストファイルがあると思いますが、アップロードするのはPHPファイル「ylsy_permalink_redirect.php」のみで大丈夫です。

プラグインを有効化

アップロードが終わったら、ワードプレスに戻りプラグインを有効化します。

有効化するとこのようになると思います▼
Permalink有効化

最後にリダイレクトの設定です。

管理人(べるだ)のアイコン
べるだ

もう少しです!大変だけどがんばってください!

リダイレクト設定

パーマリンク設定

ダッシュボードの[設定]から「Permalink redirect」に進みます。

Permalink_Redirectプラグインの設定画面
あとは、「Old Permalink Structures」の部分に過去に使っていたパーマリンク設定を書いて、「Update Options」を押せば完了です!

おつかれさまでしたー!

まとめ

管理人(べるだ)のアイコン
べるだ

これでカテゴリーの整理ができるようになる♪

とは言うものの・・・
リダイレクト作業は疲れたし、SNSで拡散してもらったのに申し訳ない。

パーマリンク設定は途中で変えるとこんな風に本当に厄介です!!

ブログを今からはじめる人は途中で変更しなくていいようにしてくださいね!ほんと後悔します・・・

ではでは、(@verdad0619)でしたー!つかれた・・・笑

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを