「iOS 10.1」にiPhone 6sと5sをアップデート!「ApplePay」は使えない!?

よければシェアお願いします(。・・。)

kaisatuiphone_tp_v

2016年10月25日に「iOS 10.1」のアップデートが開始されました。今回のアップデートでみんなの注目は、「Apple Pay」ですよね。

「Apple Pay」を簡単に説明すると、おサイフケータイみたいな決済サービスです。日本で初めて使えるようになる決済サービスで、WalletアプリにクレジットカードやSuicaを登録して使っていきます。でも、まだ始まったばかりのサービス。機種によって使える機能が異なっています。

スポンサーリンク

iPhone6sと5sではアップデート後の画面から違いがあった

現在わたしが使用しているiPhoneは、メインの6sとサブ機の5sの2台。早速2台とも「iOS 10.1」にアップデートしたら、アップデート後の画面に違いがありました。

ApplePay
まず、この画面と次の画面がiPhone 5sのアップデート後には出てきませんでした。

ApplePay設定
こちらの画面もiPhone 5sでは出てきません。

Touch IDの設定画面にも違い

Touch ID
iPhone 6sでは、「Touch IDとパスコード」の設定に新たに「Apple Pay」の項目が出来ていましたが、iPhone 5sにはありませんでした。

iPhone 5sはApple Pay未対応

実は現在、Apple Payに対応しているのはiPhoneでは、「iPhone 7, iPhone 7 Plus, iPhone 6s, iPhone 6s Plus, iPhone 6, iPhone 6 Plus, iPhone SE」だけになります。

だから、iPhone 5sにはアップデート後Apple Payの説明が出てこなかったんですね。5s以前の古い機種はApple Payに一切対応してません(泣)

Apple Payに対応している機種でも注意が必要!

Apple Payの魅力である、「読み取り機にかざすだけで料金の支払いが出来る機能」

これに対応しているのは、iPhoneの中ではiPhone 7 と iPhone 7 Plusだけなんです。なので現段階では、Suicaを使いたい人は、iPhone 7 か 7 Plusが必要になります。

ちょっとややこしいですね。

TwitterでもApple Payへのつぶやき多数

ひとこと

ついに日本に上陸したApple Pay。対応サービスもどんどん増えてくるのかなー?これからの情報が気になるApple Pay初日についてのブログでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを
スポンサーリンク

よければシェアお願いします(。・・。)