Googleが無料で使える日本語ウェブフォント9種類の公開を開始

よければシェアお願いします(。・・。)

日本語ウェブフォント
このブログでも使用している「Google Fonts」

とても便利ですが、日本語フォントが少ないのが悩みでした。そんな中、試験的な無料公開ではありますが、Googleが日本語フォント9種類をウェブフォントとして公開を開始しました。

As Google makes progress on supporting Japanese web typography, we invite designers and developers to experiment with these Japanese web fonts now available fro...
スポンサーリンク

今回公開された日本語ウェブフォント9種類とは?

1.「M+1p」

M+1p

日常的に使うための飽きのこない、それでいてちょっと気になるデザイン。
森下浩司

フォントの太さはThin〜Blackまでの7段階から選べるようになっています。

2.「Rounded M+1p」

rounded

明るく伸びやかなデザインを心がけた。
自家製フォント工房

個人的に丸みをおびたフォントが好きなんで、使ってみたいです。

3.「はんなり明朝」

はんなり明朝

明朝体は墨溜まりを意識してデザインしています。
中井良尚 Yoshihisa Nakai

やさしい感じのするフォントですね。

4.「こころ明朝」

font

少しほっそりとした、角丸な明朝体です。まろやかで、軽い感じがする文字です。
中井良尚 Yoshihisa Nakai

手書きの文字みたいな印象のフォントです。

5.「さわらび明朝」

sawarabim

本文用のフォントとして使いやすくなるようにイメージしています。
mishio

6.「さわらびゴシック」

sawarabig

本文用のフォントとして使いやすくなるようにイメージしています。
mishio

7.「ニクキュウ」

nikuq

モリっとして、ツヤのあるカタカナフォントです。
中井良尚 Yoshihisa Nakai

今回公開された中で一番気になるフォントかも。使いどころは決めれないけど、使ってみたい。

8.「ニコモジ」

nicomoji

すこしでもデザインのてだすけになれればさいわいです。
Ku-ku (Do-Font)

遊び心満載のフォントですね。

9.「Noto Sans Japanese」

noto
Googleの主導により開発中のフォントファミリー「Noto」の日本語フォント。

現在は試験段階でこれから変化していく日本語ウェブフォント

今回公開された9種類のWebフォントは開発中で完璧に全ての日本語に対応しているわけではありません。

しかし、「Google Fonts + 日本語 早期アクセス」にアクセスすれば新しいフォントを試すことが可能になっています。

サイト Google Fonts + 日本語 早期アクセス

まとめ

閲覧者のPCにフォントがインストールされていなくても指定したフォントが表示できるウェブフォント。今回公開された9種類が実用的になれば、ブログ更新などますます楽しくなりそうですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを