ちょっと役立つiPhoneの小技2つを紹介

よければシェアお願いします(。・・。)

iPhone1
知っているとちょっと役立つiPhoneの小技。
今回は、キーボードに関してとスクリーンショットに関する小技を合わせて2つ紹介します!

キーボードに関しては、アルファベットを打つ際に大文字を続けて入力する方法。スクリーンショットに関しては、「AssistiveTouch」を使用して撮る方法です。あなたは両方知ってますか?

スポンサーリンク

文字入力でアルファベットの大文字を続けて入力するには?

友達とこんな会話をしたことがありました。

ヒヨコさんのアイコン
フレンド

もうめんどくさい!

管理人のアイコン
べるだ

んっ?どうしたー??

ヒヨコさんのアイコン
フレンド

アルファベットの大文字続けて打ちたいのに、小文字に戻る!!

管理人のアイコン
べるだ

それ、ボタンひとつで防げるよー( ´ ▽ ` )ノ

ヒヨコさんのアイコン
フレンド

・・・!?

そのときの友だちの食いつきようといったら(笑)

他の友達にも聞いてみたら意外と知られていないようだったので、ここで方法を書いてみたいと思います。

とっても簡単!あるボタンを2回タップするだけ

Shiftキー

上の枠で囲った部分を2回押すだけです。多分みなんさん、大文字を入力するために一度は押すはず。重要なのは2回連続でタップすることです!

一度押したときと、2回連続で押したときとでは「矢印」のデザインが変わることに気づいてもらえると思います。これでアルファベットの大文字が連続で入力できちゃいます!

そんなに使う機会はないかもしれませんが、いざ使うときに便利なので、ぜひ覚えておいてみてください♪

ボタンひとつで出来るスクリーンショット

次は、スクリーンショットについての小技です。iPhoneのスクリーンショットと言えば、「電源ボタン」と「ホームボタン」の同時押しですよね?

慣れれば問題ないんですが、たまに失敗してしまったり(笑)
今回の方法は指1本で出来る小技です。

やり方は記事冒頭でちょっと名前を書きましたが、「AssistiveTouch」を使う方法です。

「AssistiveTouch」の設定方法

iPhoneの①「設定」→②「一般」→③「アクセシビリティ」→④「Assistive Touch」に進み、ボタンをスライドしてオンにします。

①「設定」を押す
設定

②「一般」
fullsizerender_5

③「アクセシビリティ」
fullsizerender_6

④「Assistive Touch」
fullsizerender

ここまでの設定で、画面上に黒い四角いボタンが出てくると思います。このボタンはタッチしながら好きな位置に動かすことも可能です。

「Assistive Touch」でのスクリーンショットの撮り方

Assistive Touch

あとは簡単です。ボタンを押して出てきた上の画面でスクリーンショットを押すだけ!これで簡単にスクリーンショットを撮ることが出来ます。ホームボタンが壊れたときなどにも、「Assistive Touch」は大活躍しますよ。

ツイッターでも「Assistive Touch」についてつぶやかれてます

まとめ

キーボードや「Assistive Touch」のボタン設定!ちょっとしたことだけど、便利なのでぜひお試しください!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを