【簡単】アイフォンでのメールアドレスやサイトのURL入力を激早にする方法

よければシェアお願いします(。・・。)

mail
FacebookやTwitterなどのSNSへのログインでよく使うメールアドレス。
いろいろなサイトの会員登録でもメールアドレスの入力は必要になりますよね。

でも、そんなメールアドレスをiPhoneで入力するときに面倒だと感じたことありませんか?
友達から「どうにかならない!?」と質問を受けたので、まとめておきます。

スポンサーリンク

実は簡単ひとてまでメールアドレス入力は激早になっちゃいます

やり方はとっても簡単です。
iPhoneのユーザ辞書機能を使います。

「ユーザ辞書機能!?むずかしそう。。。」と不安にならないでくださいね。
わたしの友達や機械音痴のわたしの妹にも設定できましたから(笑)

それでは、さっそくやり方にいってみましょー!

iPhoneの辞書機能の使い方

1.「設定」を開きます

設定

2.「一般」を見つけて選択

fullsizerender_5

3.「キーボード」-「ユーザ辞書」と進みます

キーボード

4.「ユーザ辞書」に単語を登録します

ユーザ辞書
「ユーザ辞書」に初めて単語登録する人は、上の写真のように単語が何も登録されておらず、真っさらな状態だと思います。

まずは、画面右上の「+」を選択しましょう。
すると写真右の画面に切り替わるので、さっそく単語を入力していきます。

「単語」
※登録したい単語を入力します。今回はメールアドレスですね。
「よみ」
※単語の読みを入力します!ここが重要!!好きな読み方を設定してください。

入力が終わったら、画面右上の「保存」を押して完了です。
ユーザ辞書に今回登録した「アドレス」のよみで、メールアドレスが登録されました。

fullsizerender

「よみ」の入力は好きな読み方を入力してOK!

「よみ」にはその単語の正確な読み方を入力する必要は全くありません。

上の写真のサンプルメールアドレスの読みを正確に書こうとすると「エム・エー・ティー・ティー・・・」と、とんでもなく面倒になります。

これじゃせっかく簡単にメールアドレスを入力しようとしているのに意味がありません(笑)

「よみ」にはアドレスを入力したいときに、呼び出したい文字を入力しましょう!

写真の例では「アドレス」としていますが、極端な話「あ」などの一文字でもいいんです!

ここで入力した「よみ」をアドレス入力の欄で、入力すればアドレスが表示されるので選択するだけで済むようになります。

同じ「よみ」で単語を何個登録しても大丈夫!

今回は、ひとつのメールアドレスしか登録していませんが、登録はいくつでも大丈夫です。
メインアドレスからサブアドレスまで自由に登録してくださいね。

実際の入力画面(Twitter編)

ユーザ辞書に登録した単語がきちんと使えるか確認してみましょう。
今回はTwitterのログイン画面を例にあげてみます。

ユーザ辞書

写真のように、今回iPhoneのユーザ辞書に登録した「あどれす」というよみで、「Mattari@〜」というメールアドレスが表示されてますね!成功です!

まとめ

ユーザ辞書登録を使えば、メールアドレスの入力はとっても簡単になります!ユーザ辞書登録はアドレス登録だけでなく、顔文字入力など使い方は無限大!いろいろ登録してステキなiPhoneライフを!

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを