マンガみたいな「沈黙のWebライティング」が、ブログを始めた人にオススメだと思った3つの理由

よければシェアお願いします(。・・。)

ブログを書き始めるって決めたとき、文章力に自信がなかったので、ライティングの本をAmazonで予約していました。予約していた本というのが、「沈黙のWebライティング」

昨日届きました。これが分厚いし、重いっ!!
軽い筋トレになりそう(笑)

沈黙のWebライティング

631ページもあるマッチョな本。でも631ページもあるなんて感じさせないくらいサクサク読めて、次のページが読みたくなる不思議なライティング本。Episode1を読んだだけでめっちゃ笑いましたからね。ライティング本なのに笑えちゃうんですよ!

ブログを始める人や始めた人で、わたしみたいに「わかりやすい文章が書けない!」って人は読んでみませんか?

スポンサーリンク

「沈黙のWebライティング」をオススメする3つの点

沈黙のWebライティング外観

オススメする3つの点
  • マンガみたいなストーリーがある
  • 会話調のページ展開
  • エピソードごとにヴェロニカ先生の特別講義がある

この3つの点をちょっと掘り下げてみますね。

マンガみたいなストーリーがある

この動画は「沈黙のWebライティング」の書籍化が決定したときに作成された動画。

ねっ?マンガみたでしょ?(動画だとアニメかな?)

でも書籍になってもこの勢いは衰えず。ボーンのマッチョぶりもそのまま(笑)SEOとかライティングって難しく感じがちだけど、マンガみたいだから難しい用語もすーっと入ってきて分かりやすいんです。気づいたら分かるようになってるみたいな。

ストーリーがあるから続きが気になってどんどん読めちゃうのも◎

会話調のページ展開

エピソードのストーリー部分は、ほぼ吹き出しを使った会話展開です。

ボーンのアイコン
ボーン

今日のお昼ラーメンにしない?

ヤンのアイコン
カレー好き

えー!?カレーがいい。

ボーンのアイコン
ボーン

昨日もカレーだったじゃない…

はい。ちょっとふざけました(笑)実際はこんな会話はありませんっ!分かりやすいように書いちゃいました。

でも、ふきだしの感じはこんな感じですよ。実際はアイコンが四角だったり、ふきだしの色が違ったりします。アイコンはイラストですし。せっかくなので、今回は「沈黙のWebマーケティング素材」を加工してアイコン作ってみました。素材まであるところがすごいですよね。

会話調で構成されていることで、631ページもあってもサクサク読めちゃうんですね♪

それにしても、ボーンってマッチョ!
話がそれたので、つぎ行きまーす!(笑)

エピソードごとにヴェロニカ先生の特別講義がある

エピソードのストーリー部分が終わると、登場人物であるヴェロニカがエピソードの大事な点をまとめてくれているページが続きます。これがあることで、大事な点を振り返ることができます。ちょー分かりやすい!

実際にあるサイトを例にあげてあったりするので、さらに理解しやすいんです。

まとめ

どうですか?ちょっと読んでみたくなりませんでしたか?実は「沈黙のWebライティング」は「沈黙のWebマーケティング」の続編なんです。わたし、「沈黙のWebマーケティング」は購入してなかったので、もう早速購入したくなってます(笑)

この3つのオススメ点があるから、ブログを始めたばかりの人も難しく感じることなくライティングの基礎が学べてオススメです!なにより読んでいて楽しいし、ボーンのファンになること間違いなし!(笑)

管理人のアイコン
べるだ

こんなに読みやすいライティング本もあるんだなぁー!

と思っちゃう本です。
ぜひ読んでみて下さい( ´ ▽ ` )ノ

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter でべるだを